本社事務所 TEL:072-968-3320 本社/倉庫事業部 TEL:072-975-5780
NEWS

お知らせ

TOPお知らせ

3期制について[倉庫保管料金計算方法]~理解すれば保管コスト削減も可能!~

2022年11月24日

倉庫保管料金を物流事業者と契約する際に3期制という方法があります。

今回は基本的な3期制の倉庫保管料金の算出方法を説明します。

3期制とは、1ケ月を3つに分割し“積数”を算出して倉庫保管料金を計算する方法です。

積数とは、簡単に言えば、ある時点での商品在庫数の合計と1ケ月間の入庫総数の合計であり、

1ケ月間の積数[算出方法]=前月末残数+10日残数+20日残数+当月入庫総量 により算出します。

そして、算出した積数に1期当たりの保管料金単価を掛けて1ケ月間の倉庫保管料金を算出します。

1ケ月間の倉庫保管料金[算出方法]=1ケ月間の合計積数×期当りの保管料金単価 ※保管料金単価 

= ○○(円/期)※期当たりの保管料金単価。

保管が長期間におよぶ場合であっても毎月同様に計算します。

それでは、3期制料金の“期”の考え方についてもう少し詳しく説明します。

<その1>1ケ月を3つ(3期)に分割します。

[1~10日(1期)、11~20日(2期)、21~末日(3期)]

<その2>1ケ月間の積数を算出します。積数は各期の末日残数と 当月の入庫総数より算出。

(1)前月末日残数 ←(前月末日から繰り越される在庫数=1日朝入出荷前の在庫数)

(2)10日残数 ←(10日時点の在庫数=11日朝入出荷前の在庫数)

(3)20日残数 ←(20日時点の在庫数=21日朝入出荷前の在庫数)

(4)当月の入庫数 ←(1日~末日の間の月間入庫総数)

東大阪 倉庫 保管 計算

※在庫数は、入庫数、出庫数を出し入れした後に残った数量とします。

倉庫保管料金は、上記のように在庫期間、在庫数量によって積数が変わり料金に影響してきます。

従って、この3期制を理解し、入庫日、及び出庫日を調整する事ができれば倉庫保管料金は変化します。